GET YOUR GAME ON !

遊戯王とかボカロとかなんかそんな感じのブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

変な欲

なんか変な欲求沸いてきた。

英語教えたい。

4年間塾講師やってたからか人に教えたいっていう欲望。


さて問題。

学校で英語学ぶ上で一番大事なのはどれでしょう。


1.文法
2.発音
3.単語
4.イディオム(熟語)
5.品詞
6.リスニング
7.文型
8.読解
9.スピーキング
10.その他




シンキングタイム10秒。













答え:3.単語

これは持論でもあるし勤めてた塾内でも共通認識。
他をどんなに極めようが単語が分からないと話になりませせん。


次、二番目。
こっからは完全な持論です。一般認識投げ捨てろ。


5.品詞
意外かもしれんが。
品詞ってなんぞやって?
「名詞」「動詞」「副詞」「形容詞」「代名詞」「前置詞」
「助動詞」「関係詞」「関係代名詞」「関係副詞」とか。
というか使うのなんてこれくらいだ。

まぁぶっちゃけこれは単語に付いて回るものなんで単語覚えるときに一緒に覚えろってこと。


んで次。
7.文型

SV
SVC
SVO
SVOO
SVOC

ってやつね。どれが第?文型とかは覚えなくていい。
この5パターンの形覚えとけば学校英語なんて9割読める。
よく生徒で長文が読めないって奴が居たがそれは長文読む際に品詞分解できてないだけ。
どんな長文でも一文一文は↑のパターンなんだから分解してパーツごとに訳せば読める。

適当にそばにあったTOEICの問題集から一文引っ張ってこよう。

The report I read said that 60 percent of all Frenchmen firmly felt that the United States should not have used bombs unless the country had no other means to defend itself.

この長さの文でも分解してけば結局ただのSVOなんです。
"The report I read"がS、
"said"がV、
"that 60 percent of all Frenchmen firmly felt that the United States should not have used bombs unless the country had no other means to defend itself"がO、
そんだけ。

つまるところこの文は"The report said that."と同じ。

これを更に分解すると
"The report I read"は関係代名詞thatが省略されててOSVの形。
文法使ってるけどまぁ気にしない。

"said"はそのままsayの過去形で、

"that 60 percent of all Frenchmen firmly felt that the United States should not have used bombs unless the country had no other means to defend itself"は更に分解が可能。

頭のthatは繋ぎの関係詞だから除いて、
"60 percent of all Frenchmen"がS、
"firmly felt"がV、
"that the United States should not have used bombs unless the country had no other means to defend itself"がO。

んで更に頭のthat除いて、
"the United States"がS、
"should not have used"がV、
"bombs"がO、
"unless the country had no other means to defend itself"は修飾節。

関係詞unless「~でなければ」以下を更に分解して、
"the country"がS,
"had"がV、
"no other means to defend itself"がO。

toは不定詞で主語は文章の主語と一緒、すなわち"the countery"がS,
"defend"がV、
"itself"がO。

分解はこれで終わり。
あとは訳しながら再構築。


順番に上に上っていくと、toは不定詞で「ために」か「ための」。
直前にあるのが名詞だからここは形容詞句で「ための」。
"to defend itself":「それ自身を守るための」。
"no other means":meansは手段だから「他のどの手段も~ない」。
"the country had no other means to defend itself":「その国は自身を守るための他のどの手段も持っていなかった」。
"unless"つけて「のでなければ」。

んで
"the United States":「米国」
"should not have used":ここは過去の助動詞と完了形使ってるから高校レベルか。
"should not have 過去形"で「~するべきではなかった」。
よって「使うべきではなかった」。
"bombs”「爆弾」。複数形は訳す都合上省略する。

くっつけて「米国は自身を守るための他のどの手段も持っていなかったのでなければ爆弾を使うべきではなかった」。

んで、
"60 percent of all Frenchmen":「全フランス人の60%が」、
"firmly felt:「強く感じた」。firmlyは「きつく」「強く」「心から」っていう強調語。適当に訳せばおk。

くっつけて、
「全フランス人の60%が『米国は自身を守るための他のどの手段も持っていなかったのでなければ爆弾を使うべきではなかった』と強く感じた」。

んで、
"The report I read":関係代名詞省略で目的語のthe reportが前に回っている。「私が読んだレポート」
"said":「言った」だけど主語が物だから「伝えた」とか「~と書かれていた」で訳す。

結果。
「私が読んだレポートには、全フランス人の60%が『米国は自身を守るための他のどの手段も持っていなかったのでなければ爆弾を使うべきではなかったと強く感じた』と書かれていた」。

最後に、今一文一文全部過去形で訳したから変になってる。
訳すときは基本となるVを軸に時制を考えるので「書かれていた」と訳すなら他の過去形は現在形で訳す。
ただし"should not have used"は過去を表す表現なので「書かれていた」よりも前の時制。

よって、
「私が読んだレポートには、全フランス人の60%が『米国は自身を守るための他のどの手段も持っていなかったのでなければ爆弾を使うべきではなかったと強く感じている』と書かれていた」でFA。


手順さえ分かればクイズというかパズルです。

長い文章では必ず、SVOC意外の修飾句や修飾節が入るのでそれを見分けるコツを覚える。


あとはそれを分解したパーツを訳す際に、

1.文法
4.イディオム(熟語)

を使う。

あと大事なのが、
10.その他

何かというと教科書を覚える

テストなんてほぼそこから出るんだから本文の内容くらい覚えておくこと。
内容丸暗記してたら日本語訳問題なんて5秒で解ける。まぁ邪道ですがね。
あと学校によっては作者の情報とか聞かれるし。


以上が学校英語の勉強法


英語の勉強法とは違う。

英語を語学として覚えたいならリスニングとスピーキングがいるし。


でも一番大事なのはやっぱり単語。

特に「知らない単語の意味を想像する」のが必要。
そのためにはprefixとsuffixの知識が必要。
日本語だと何ていったっけ?

接頭語、接尾語ですな。

単語にも基本成り立ちがあってパーツがくっついて出来てることが多い。

いくつか例を挙げると
"en-"「~な状態にする」
"enjoy" 「楽しい状態にする=楽しむ」
"enclose"「閉まった状態にする=封入する」
"ensure"「確かな状態にする=確実にする」

"mono-"「一つの」
+"chrome"「色」="monochrome[モノクローム]"「単色の」
+"-arch"「支配者」="monarch"「君主」。遊戯王の帝ね。

"tele-"「離れた」
+"vision"「映像」="television"「テレビ(映像受信装置)」
+"scope"「観察器具」="telescope"「望遠鏡」
+"phone"「音」="telephone"「電話」

"-phobia"「恐怖症」
+"hydro-"「水の」="hydrophobia"「恐水症」
+"agora"「広場」="agoraphobia"「広所恐怖症」
+"acro"「高所」="acrophobia"「高所恐怖症」

"-philia"「病的愛好」
+"necro-"「死」="necrophilia"「死体愛好家」
+"pedo-"「子供」="pedophilia"「小児愛好家」
とか。


こういうの覚えてくと楽しいです。
身の回りの英語でも結構こういうのはあるんで。
遊戯王のカード名見てくだけでも勉強にはなる。


あとは語尾派生とか。
"-ate"で終わる動詞は"-ation"をつけると名詞になる、とかのやつ。
create→creationとかね。
"-ator"をつけると「~する人」になるとか
create→creator


まぁきりが無いのでおしまい。
スポンサーサイト
別窓 | 英語 | コメント:7
∧top | under∨
| GET YOUR GAME ON ! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。